<< 課題と問題 | main | 寒暖 気温差 たまんない・・(*_*) >>

遣唐使のまち

 (^O^)/暖かい日が続きますね☆ 嬉〜
水曜日、仕事の帰りに前から行ってみたかった所を訪ねて散策しました。

大阪府藤井寺市は歴史のまち「遣唐使のまち」として知られています。

藤井寺市には大和川が流れており、隣の羽曳野市に繋がって
古墳や神社仏閣も多くあります。

子供の頃から四天王寺に縁があったからか、聖徳太子さんの時代、
大和・飛鳥時代がなんとな〜く好きなんですね。
(子供には聖徳太子の萬円札は拝む程、憧れだったからでしょうか。笑)

近鉄電車が三宮〜難波〜奈良を結んだ時、
古代人が辿った道が繋がった気がしました。

尼崎(摂津の国)〜43号線を走ると淀川の側を通りながら弁天町から
大国町、難波へと行けます。 

大国町からは国道25号線を通って天王寺・茶臼山、今宮戎、
(地名は、弁天さん・大黒さん・恵比寿さんと七福神のようです)

そして、四天王寺〜百済〜平野から八尾太子町、高安信貴山へ、
さらに街道は、古都奈良、歴史有る三輪山や飛鳥、大和路へと
奈良吉野大峰山からは熊野古道、三重伊勢路へとも繋がっています。 

多くの地名に古事記や日本書紀などのお話と繋がりがあって、
その道中に神社仏閣が多いことにもあらためて気付かされます。

きっと、この街道と大きな川があったから、
多くの渡来人や人々が行き交い、交易が栄えて航海進路の安全や
身体健全の祈願の為、神仏がお祀りされたんだろうなあと想像します。

シルクロードみたい☆
沢山の商団が芸術や文化を交流させてたんでしょうね。
川があるところに文明は栄えるといわれますもの。 

そんな歴史街道、藤井寺が遣唐使の町といわれても不思議ではありません。

その藤井寺で、お祭りの時季に見た幟から 
気になる神社があって、今日はふと、そこへ出かけたのです。

辛國神社 藤井寺市春日丘

神社の名は「辛国神社」・・辛は唐の国、今、上海万博が話題の中国です。

最近、思うに神様同志にも家族みたいな繋がりやご縁がある様で
皆の願いを叶える為に得意分野の力を合わせてチームを組んでいるみたいに思えます。

お参りする度、「海神・水の神様」と ご縁を感じさせて頂く私。

水の神様は <芸能、商売、学問、航路安全(進路の守護神)>

有難い〜 感謝☆感激です (^◇^)


     









 
コメント
私も金運が良くなる神社へでもお参りしに行こうかな?? 
不謹慎ですね☆
  • サチエママ
  • 2010/04/22 12:46 PM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM